手づくりクッキング

お弁当の残り物を、手抜きだけど美味しい朝食に!

2022年3月5日

今日のお弁当

今回、お話するのは、

残り物をお弁当に!という話ではなく、

朝、作ったお弁当のおかずの残り物を、朝食にパパッとアレンジする方法です。

 

 

作り置きは、どうも性に合わない

確かに、毎朝のお弁当作りは面倒くさいですが、

作り置きしたものをお弁当に入れるのは、どうも性に合わないんですよね。

だって、やっぱり味は落ちていくし、

心配の種も増えてしまうんで。←以外に繊細(爆)

 

そこで、最近は、

お弁当はそれなりに毎朝作りつつ、朝食を手抜きする!

ことをやっています。

 

今日のお弁当のおかずの残りを・・・?

というわけで、本日のお弁当のおかずです。

今日のお弁当

 

今日は、一人分で、しかも土曜日だったので、手抜きしました。

「石井のおべんとくん、ミートボール!」を使いました。(笑)

 

で、残ったのが、こんだけ。

お弁当のおかずの残り

我が家は3人家族ですが、さすがにこれでは朝食になりません。

 

こういう時は・・・、

卵を使ってアレンジします。

卵料理のアレンジ

卵の中に卵焼きを入れて何が悪い?(笑)

 

  • 卵(Lサイズがおすすめ) 2個
  • お弁当のおかずの残り  全部みじん切り
  • 塩、ブラックペッパー  適宜
  • マヨネーズ  適宜

全部、混ぜ合わせます。

 

そして、あとは、ミニフライパンで焼くだけ。

ミニフライパンで焼く

 

ポイントは、普通のフライパンじゃなく、ミニで焼くことです。

焼き方は、簡単です。

  1. フライパンをよく熱する
  2. 油をフライパン全体に薄くひく
  3. 先ほどの卵液を入れ、ふたをして、最弱火でほったらかし。
  4. たまに様子を見て、ひっくり返せるようになったらひっくり返す。(卵液がある程度固まっていないと、ひっくり返せませんのでじっくり待つこと!)
  5. 再びふたをして、適当に火を止める。

出来上がりました!

卵料理アレンジ

 

要するに、スペイン風オムレツのアレンジ版ですが、

中身はね、正直、何でも大丈夫なんですよ。

 

中身が足りない場合は、

冷蔵庫にあるもの、適当に足しちゃってください。

ちなみに、今回、私は入れませんでしたが、

玉ねぎのみじん切りは絶対に入れた方がいい!です。

卵がよりフワフワになって、、食感もシャキシャキしておすすめです。

 

また、マヨネーズのカロリーが気になる方は、

マヨネーズの代わりに、顆粒だし+片栗粉を少しのぬるま湯で溶かしたものを使ってください。

卵だけよりも、フワフワになります。

 

まとめ

とにかく、朝は忙しいです。

お弁当のおかずも作って、朝食も違う物を!なんてやってると、

時間がいくらあっても足りません。

 

土井先生がおっしゃっているように、

一汁一菜という発想で、

お味噌汁を毎日、アレンジすればいいんでしょうけど、

我が家は、パン派とご飯派、両方いるんですよ。

で、この卵料理アレンジに行きついたというわけです。

 

もっとも、お弁当のおかずが残らない日には、

好きな食材を入れて作ったり、

それも面倒だから、目玉焼きにする時もあったりなんですけどね。(笑)

 

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-手づくりクッキング
-,