手づくりグリーン

ゴーヤの種を撒いてグリーンカーテンに挑戦中!

2024年6月5日

5月の初めにゴーヤの種を撒きました。
それから、約3週間、無事、芽が出て、成長し始めたので、本日、グリーンカーテン用のネットを張りました。

ゴーヤの苗を買うか?種を撒くか?

今の時期ならば、苗を買うしかありませんが、1ヶ月前、ホームセンターに行った時には、
種を買うか?苗を買うか?迷いました。

結局、種の方が安かったので、種を撒くことにしたのですが、
今年の5月は、天候不順で雨も多く、気温が低い日もあったためか?
なかなか芽が出ず、あ・・・もうダメかな・・・と思っていました。

それが、あ!芽が出た!と思ったら、あっという間にこんな感じに!

ネットで確認すると、こんなにも植えなくても良いみたいですが、
別に「ゴーヤ」を収穫するつもりは全くないので、これで間引きもせず、やってみます。
そもそも、グリーンカーテンと呼べるまでに育つか?どうか?も不明ですし。

ゴーヤのグリーンカーテンに必要なもの

私も初めて挑戦するわけですが、一応、お花とかはいろいろ育ててきているので、
その経験をもとに、ゴーヤのグリーンカーテンに必要なものを書いておきます。

必要なモノ(ゴーヤのグリーンカーテン)

  • ゴーヤ(他のつる植物でもOK)
  • プランター
  • 培養土(ホームセンターに何でも植えられるヤツが売ってます)
  • 鉢底石
  • ネット(固定用の針金や棒なども)
  • ブロック(置く場所によります)

鉢底石は、できればあった方が良いと思います。

コモ竜
鉢底石は水はけを良くするためのものです。

ブロックは、プランターを置く場所によります。
我が家は、グリーンカーテンで西側の出窓を覆いたいのですが、
プランターをブロックの上に置きました。

一つには、プランターを地べたに置いてしまうと、虫(ダンゴムシなど)がたくさん発生するためです。
また、我が家の場合、中古を買ったので、西側には中途半端な高さのブロック塀が積んであります。
実は、これが、植物の環境にはすご~く悪いのです。

一般的に植物に西日はダメだ!と思われていますが、
私の経験上、西日がガンガン当たろうとも、風通しさえよければ、植物は大体、元気に育ちます。
そこで、ブロック塀とプランターの上部が同じ高さになるように、ブロックで高さを調整したわけです。

グリーンカーテン用のネットの張り方

グリーンカーテンを作るのが初めてなので、グリーンカーテン用のネットを張るのも、初めてです。(笑)

どうやって、ネットを張ろうか?と思っていましたが、
とりあえず、ネットがフラフラしてはいかんだろう・・・と思い、
まずは、ネットに長い棒(竹を切ってもらいました)を通しました。
この棒を、出窓から出してある腕木に乗せ、針金で固定したら上部は完成です。

コモ竜
出窓から出してある腕木は、以前、すだれやよしずを取り付けるために、ネジで取り付けてもらったものです


出窓の左右から手前に出っ張っている棒が腕木です

ネットの下側は、同じように竹をネットに通し、プランター下のブロックに針金で固定しました。

まとめ

何をやるにもそうですが、最初から、100点満点はありません。

なので、「とりあえず、これでやってみよう」というのが、我が家の合言葉です。(笑)
不具合が出てきたら、修正するだけだし、それが、経験となって、成功へとつながります。

たかがグリーンカーテンですが、うまくいくといいな・・・と思います。
1か月後、2か月後に、またご報告できることを楽しみに、今日も水やりしま~す。

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-手づくりグリーン
-