手づくりを支えるもの

洋裁の作業台の選び方は?

※このページには、プロモーションが含まれています。

洋裁をやっていると、作業台がとても欲しくなりますね。
私の娘も同様で、実を言うと 我が家の作業台は、3代目いや、3台目なのです。
つまり、裏を返せば、すでに2度、作業台選びで失敗しているということ。

そこで、我が家と同じ失敗はして欲しくないということで、
洋裁の作業台の選び方について、経験から気づいたことをお話ししようと思います。
ぜひ、参考になさってくださいね。

洋裁作業台のサイズ

洋裁の作業台の理想のサイズは、160cm×90cm、もしくは、180cm×90cmです。

これは、服飾の専門学校である文化学園さんが販売されているオリジナル作業台(裁断台)のサイズなので信用していいと思います。
ただ、お値段は、目ん玉飛び出ます。
160cm×90cm(収納もコンセントもついている)の作業台が、129,800円!
180cm×90cm(収納やコンセントなし)でも、63,800円!です。

実際のところ、洋裁の作業の中で、一番、スペースが必要なのが、布に型紙を置いて裁断する時です。
何を作るか?にもよりますが、一番大きな布の幅は150cmですから、
半分に折って作業する(わで裁断する)ことを考えれば、奥行きが90cmというのは納得です。

が、いくら理想とは言え、このお値段、我が家はとても出せません。
また、作業台を置く部屋のスペース問題もありますので、どうすれば良いでしょうか?

折り畳み式なら、解決する?

こういう時、折り畳み式なら、作業台としても十分なスペースがあり、不要な時には片付けられる!
と、一石二鳥!であるはずなのですが、折り畳み式の場合、注意した方が良い点があります。

実を言うと、我が家が最初に買ったのが、この折り畳み式のテーブルでした。
ところが、これはすぐに使えない・・・ことが判明しました。
というのも、天板部分が折り畳める形だったため、広げた時に天板が少しゆがむのです。

天板が真っすぐではないと、型紙を置いた時、どうしてもズレが生じ、仕上がりが悪くなります。
おそらく、天板がプラスチック製だったことが大きな原因だと思います。(伸び縮みしやすい)
また、プラスチックの場合は、布がすべりやすいという欠点もあり、
結局、作業台があっても、娘は床にしゃがんで裁断してたほどです。

コモ竜
※腰を痛めるから、絶対にやっちゃダメです。

そこで、もし、天板を折り畳む形の作業台を選ぶならば、天板は、ゆがみの少ない素材(木製)にすることをおススメします。
中央から大きく2つに折り畳むのではなく、バタフライ式のように、端だけを小さめに折り畳むのであれば、ゆがみも少ないはずです。
また、隙間が気になる場合は、裁断マットなどを敷くと良いです。

広告

下記の商品は、趣味的に洋裁を行う人向けのバタフライ式作業台です。
洋裁に使う糸やはさみなどは、もちろん、ミシンも収納できますので、部屋の中をスッキリさせることができます。
また、素材に使われているパーティクルボードは、反りや割れが起こりにくいため、天板がゆがむ心配は少ないと思います。

ただし、バリバリ洋裁をやりたい方には、サイズ的に、少し物足りないかもしれません。
また、組み立て式のパーツがとても多いため、組み立てる自信のない方は、レビュー等を参考にして、ご検討ください。

意外に大事、作業台の置き方

洋裁の作業台のサイズと素材についてお話ししましたが、もう一つ、意外に大事な要素があります。

それが、作業台の置き方です。

実は、この作業台の置き方で、我が家は2度目の失敗をしました。
それが、こちらです。

実は、我が家には、こういうものをサササッと作れるプロがおりまして、
こんな作業台を作ってもらいました。

下世話な話ですが、材料費は5~6千円でも、人件費として2万ほどかかるので、
一般的な価格としては、2万5千円の作業台になります。
シンプルですが、サイズは娘の希望通り、最大の大きさ=180cm×120cmにしました。

これにより、作業は格段にラクになった!はずだったのですが、実は大きな落とし穴がありました。
サイズって、でかけりゃいいもんじゃないし、置き方にも問題が・・・。

何しろ奥行きが120cmもあるので、作業台がぐらつかないよう、壁に直に取り付けたんです。
ところが、手が届かない奥の部分は、結局、何も作業ができない!んですよ。
そうなると、手が届かない奥の方は、
・ひたすらホコリがたまる
・だんだんと物を置きっぱなしにするようになる
ため、これもまた、失敗でした・・・。(泣)

もっとも、既製品の作業台で奥行きが120cmというのは、なかなか無いとは思いますが、
それでも、70cm以上の奥行がある場合には、あっちからもこっちからも作業できた方が便利です。

コモ竜
娘は身長が155cmなので、余計にそうなります。


そこで、先日、作業台を新たに作り直しました。

今度は、家にあった、会議机(昔、2万ほどで買ったもので、サイズは180cm×60cmでした)の天板を取り外し、
180cm×80cmのシナ合板を取り付けてもらいました。
敢えて奥行きを90cmにしなかったのは、部屋の行き来がしにくくなるからです。
また、古い会議机で脚が少しぐらついていたので、脚にも合板を取り付け、ぐらつかないようにしてもらいました。
材料費は、以前購入した会議机代が20000円、今回の材料費が4000円ほど、工賃を20000円とすれば、44000円の作業台ですね。

広告

作業台を置ける広さを確保できるなら、ワークデスクやパソコンデスクなどを洋裁の作業台として利用するのがおススメです。

◆たとえば、下記の商品のサイズは140cm×80cmなので、奥行きはあるものの、長さが少し短めなので、部屋に置きやすいサイズだと思います。


◆それと、もう一つ、ご紹介したいのが、安価な割に、作りがしっかりしているテーブルです。
おすすめのサイズは、150cm×75cmですが、それよりも小さいサイズ、大きなサイズもありますので、お部屋に合わせて選べます。
色はダークウッド、ナチュラル、ホワイトの3色ありますが、色によっては、すでに売り切れているサイズもありますのでご注意ください。

堅牢でシンプルなテーブル

ワークデスクやテーブルのサイズに迷ったら?
あとで、大きすぎた!小さすぎた!とならないために、購入予定のワークデスクやテーブルのサイズに新聞紙や段ボールを切って、実際にお部屋の中に置いてみると良いです。
できれば、ワークデスクやテーブルと同じ高さまで、切った段ボールを持ち上げてみると、イメージしやすいですよ。

まとめ

いかがでしたか?
我が家の2度の失敗を元に、洋裁の作業台の選ぶ時のポイントを3つお話しさせて頂きました。

  1. 作業台のサイズ
  2. 作業台の素材
  3. 作業台の置き方

これらを、すべてトータルで考えながら、できるだけストレスのない洋裁の作業台をお選びくださいね。

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-手づくりを支えるもの
-