手づくりクッキング

ババロア風の抹茶ゼリー、失敗した時は?

2024年5月27日

ババロア風抹茶ゼリー

さすがに暑くなってきたので、オーブンで焼くお菓子より、冷たいおやつが食べたい!

というわけで、ババロア風の抹茶ゼリーを作ることにしたのですが、途中で失敗があきらかに・・・。
でも、大丈夫!
なんとか、こんなのできました。

ババロア風抹茶ゼリー

ババロア風の抹茶ゼリーのレシピ

必要なモノ(プリン型7~8個分)

  • 牛乳 300~320cc
  • 抹茶 大さじ1
  • コーンスターチ 大さじ1
  • 砂糖 50g
  • ゼラチン 5g
  • 水 大さじ2

step
1
ゼラチンの準備

ゼラチンを大さじ2の水でふやかしておく

step
粉類の準備

抹茶、コーンスターチ、砂糖は合わせてふるいにかける

step
3
牛乳を半分使う

牛乳の半分を少しずつ、「2」の粉類に入れ、よくかき混ぜる

step
4
こして、火にかける

「3」をこして、火にかける。
目を離さず、ダマにならないよう、かき回し続ける。
とろみがついたら「1」のふやかしたゼラチンを溶かし、火を止める。

step
5
こして、牛乳

「4」をもう一度こして、そこに残りの牛乳を加え、よく混ぜて、容器に入れ、冷やし固める

失敗するのは、多分、ココ

多分、失敗するとしたら、ステップ4だと思います。

かくいう私も、ステップ4で失敗しました。
ちゃんと、目を離さずかき回し続けたにもかかわらず、火が強かったようで、しっかりダマができてしまいました。

もし「うわ!ダマになったっ!!」場合には、即座に火をとめ、これを速攻!こしましょう。
もったいないけど、全部パァになるよりましです。
そして、すぐにふやかしたゼラチンを入れ、溶かします。(心配なら、少し火にかけます)

そこまでできたら、もう一度、液をこして、残りの牛乳を入れ、冷やし固めます。

失敗しても大丈夫

ゼリーは、

  1. ゼラチンがきちんと溶けていること
  2. ゼラチンの量と液の量のバランスが取れていること

この二つが問題なければ、ちゃんと固まります。

コーンスターチは、ねっとり感を出したいためだけに入れているものなので、
ババロア風にはならなくても、ゼリーにはなります。

また、ダマを取り除いている分だけ、液の量は減っているわけですから、
ちゃんと固まります。

一番、大事なのは、ふやかしたゼラチンをきちんと溶かすことですから、ゼラチンを入れた後に液をこした時、こし器にゼラチンが残っていなければ、ちゃんと固まります。安心して、冷蔵庫で冷やしましょう。

まとめ

さて、失敗したババロア風抹茶ゼリーですが、コーンスターチはほぼほぼ、ダマとして取り除かれたはずですが、
抹茶の粉末のおかげか?結構、ねっとりした感じに仕上がりました。

コモ竜
上に載せた「あんこ」がねっとり感を追加?

コーンスターチを使ったとろみづけは、

  • 火加減
  • 使う鍋
  • 液の量

次第で、成功したり失敗したりします。
しょっちゅうやっていれば、経験でちょちょいのちょい!なのでしょうが、
私のように、たまにしかやらない場合は、お気をつけくださいませ。

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-手づくりクッキング
-