手づくりクッキング

梅酒の梅ジャムは適当に作ってOK

2024年5月29日

梅酒の梅ジャム完成

梅酒の梅で手作りジャムを適当に作りました。

手作りジャムが初心者の場合は、適当なんてとんでもない!と思うかもしれませんが、
適当の方が、自分好みのジャムになります。

梅酒の梅で作る適当ジャムのレシピ

必要なモノ(ジャム1瓶分)

  • 梅酒の梅(青梅Lサイズ使用) 12個
  • 砂糖 適当に味見して決める(心配な方は、梅の重量の30%~50%で)
  • 水 適当(ひたひたが目安です)

step
1
梅酒の梅を煮る

梅酒から梅を取り出し、ひたひたの水を加えて中火で4~5分煮ます。
この時、アクが出るようなら、取り除きます。

step
2
梅の種を取る

煮た梅をザルにあげ、種をとります。
私は、梅を鍋にもどして、木べらで果肉をつぶしながら、種を取り除きます。←ここも適当

コモ竜
粗熱をとってから・・・なんて、待ってられない性格なので(笑)
梅酒の梅ジャム手作り

梅を煮て種をだしたところ

step
3
梅肉に砂糖と水を加えて煮る

種を取った果肉に砂糖と水を加えてとろみがつくまで煮ます。
この時、入れる水の量は適当です。(ひたひたより、少し多めです)

梅酒の梅で手作りジャム

今回入れた水はこれくらい

以前、私が見たレシピでは、ここに梅酒を加えるものもありましたが、
煮方が足りないとアルコール分は飛んでいても、ちょっとお酒臭いです。

また、水を入れず、砂糖だけで煮詰めようとすると、
ジャムというよりも、固い寒天のようになってしまい、
使い勝手が非常に悪かったので、最近は、適当に水を加えることにしています。

なお、どれぐらいまで煮詰めるか?参考までに動画をアップしました。
これぐらいでも、冷蔵庫で冷やすと、とろとろジャムって感じになります。
我が家では、ヨーグルトソースとしても使うので、これぐらいがちょうどいいんです。

step
3
梅肉に砂糖と水を加えて煮る

とろみがついたら、綺麗に洗って乾かした瓶に熱々を入れ、すぐにふたをする。

コモ竜
こうすると、開ける時に、市販のジャムのように、ポンッと音がして気分いいです。(笑)

冷めたら、冷蔵庫で冷やす。

梅酒の梅ジャム完成

ちょうど、1瓶分の梅ジャムができました

梅ジャムを少量ずつ作る理由

通常の果肉ジャムの作り方は基本、砂糖を入れて煮るだけ(酸味が足りない場合はレモン汁を足す)です。
特に、生の果物の場合には、砂糖によって果肉から水分が出ますので、そこに、水を足したりはしません。

が、梅酒の梅ジャムは、別扱いです。
これは、我が家だけで、実際には、各ご家庭の梅酒の梅の状態によるのかもしれませんが、
水を足しているがゆえに、少量をこまめに作るというやり方をやっています。

その理由は、
たくさん作る→保存が長期間になる→心配だからです。

また、梅酒の梅は、一応、梅酒の中に漬けてあるわけですから、
生の果実とは異なり、すぐに傷むなんてこともありませんので、
作りやすい量だけ取り出して、ジャムにしています。

ここに注意

保存のことを考えるなら、砂糖の量は多い方が良い(50%以上)のですが、あまり甘いのは、好きじゃないので。

まとめ

梅酒の梅を使い切れる!ってだけでも、嬉しいのに、この梅ジャム、果物がない時期にはすっごく!重宝します。

梅ジャムを入れている瓶をみれば、「アオハタさん」買ってるわね?とわかると思いますが、
パン用には、アオハタさん。
ヨーグルトソース用には、手作りのジャム・・・って決めてるんですよね~。

なぜなら、ヨーグルトには、手作りジャムをかけるのが、絶対に!一番!美味しい!(と思う)からです。

そして、自家製ジャムの中での、我が家のランキングは・・・といえば、

  1. ブルーベリージャム
  2. 梅酒の梅ジャム
  3. パイナップルジャム
  4. ゆずジャム

と、第2位にくいこんでいる梅酒の梅ジャムですから、ぜひ、試してみてくださいね~。

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-手づくりクッキング
-