刺繍いろいろ

シンプルでかわいい猫刺繍の小物を作ってみた

2022年3月11日

猫の刺繍小物

先日、娘がトーカイさんに行くというので、私もお供しました。

で、何気なく店内を見て回っていたら、

シンプルでかわいい猫刺繍の小物の本を見つけました。

 

 

性懲りもなく、シンプルでかわいい猫刺繍の本を・・・

このサイトでもご紹介しているように、

いろんな刺繍を経験しては、途中で放り投げております。(爆)

なのに、また性懲りもなく、刺繍本に手を出してしまいました。

 

その本がこちら。

 

そもそも、私はこういう刺繍も小物も避けてきました。

なぜなら、家にいると、小物ってそんなに使い道ないし←それ言う?(笑)

私自身、今までブローチなんて付けたことない!!から。

 

でもね。

この本に惹かれたのは、やっぱり、私は「ネコが好き!」なんですよ。

 

とは言え、これ以外にも、猫の刺繍本はいろいろあります。

でも、リアルすぎるタイプは、私好みではありません。

何より、そんな刺繍、めんどくさそうじゃないですか?←やっぱり、そこか(爆)

 

早速、自分流で作ってみました!

この本を買ったのが、手芸品店のトーカイさん。

なので、当然、布地(リネン)も一緒買いしました。

使う布は少なくていいので、そこは、嬉しい!

あと、刺繍糸は、それなりに、家にあるもので済ませることに。

 

猫の刺繍小物

 

顔は、適当に自分で描いたので、似ても似つかぬ猫になりました。(笑)

でも、こういうのが楽しいね。

同じである必要ないもんね。

 

あと、周りはミシンで縫うって書いてありましたが、

ミシンの方が面倒で、手縫いにしました。(返し縫い)

 

まとめ

一応、猫刺繍の小物は完成できましたが、

反省点というか、気に入らない部分があります。

それが、耳!

なんか、耳が綺麗にとんがらなかったんですよね~。

 

その理由として考えられるのが、

  1. ミシンで縫わず、手縫いにした
  2. 表布=リネン、裏布=キャンバスとしてあったのに、表裏ともリネンを使った

この2点です。

そこで、次回は、こんな実験をしてみようと思っています。

  1. ミシンで縫うのと、手縫いで、違いが出るか?
  2. ひっくり返す方法を変えてみたらどうか?
  3. 裏布を指示通りにしたら変えてみたらどうか?

毎回、そうなんですが、

失敗しても、絶対そこから何かを学びたいんですよね。

だから、疑問に思ったこと、仮説で思いついたことがあると、それを確認するまでは、続けるはずです。

多分。

きっと。

だと、いいな。(爆)

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-刺繍いろいろ
-