シュバルム刺繍

シュバルム刺繍とは?

ドロンワークとハーダンガー刺繍の違いを調べているうちに、

シュバルム刺繍にも行きつきました。

シュバルム刺繍とは、ドイツのシュバルム地方で生まれた刺繍で、

ドロンワークやハーダンガー刺繍と同様、

ホワイトワーク(白い刺繍)、ドロンワーク(織り糸を抜いてかがる技法)の一つとして考えれば良いようです。

シュバルム刺繍の本

 

 

シュバルム刺繍の特徴

シュバルム刺繍は、ハーダンガー刺繍と比較するとわかりやすいと思います。

ハーダンガー刺繍は、5マスずつ目を数えながら、ステッチを刺し、

それらが集まって、大きな幾何学模様になっていきます。

ですから、基本の5マスがとても重要です。

そのため、ハーダンガー刺繍では最初に!「5マスずつのしつけ」を必ず行います。

この5マス間隔のしつけをガイドラインとして、ステッチを刺していくわけです。

※詳しくはハーダンガー刺繍の作り方をご覧ください。

 

一方、シュバルム刺繍の場合は、最初、図案を刺繍用の布に写すことから始めます。

図案を写したら、図案の輪郭をコーラルステッチ+チェーンステッチで刺繍します。

輪郭が完成したら、輪郭内の織り糸を抜き、残った糸をかがって模様を作ります。

 

写真は、生まれて初めて行ったシュバルム刺繍です。

図案を写し、輪郭をステッチし、輪郭内の織り糸を抜いたところまでできました。

シュバルム刺繍とは

 

シュバルム刺繍のコツ

さらに、織り糸を抜いた部分をステッチしてみました。

シュバルム刺繍のコツ

 

生まれて初めてなので、下手です。

なんと言っても、円の中央がズレてしまってます。

さらに。

周りのボタンホールステッチの形がバラバラ。

 

これらのことから、わかったコツが2つ。

  • 織り糸を抜いたところも、クロスステッチ針より、先のとがった刺繍針の方が良い。
  • 図案はくっきり目に描いた方が良い。

周りの輪郭の部分は、先のとがった刺繍針を使いましたが、

織り糸を抜いた後は、とがった針だと、糸を割ってしまうかも・・・

そう思って、わざわざクロスステッチ針(先の丸い針)を使ったのですが、

私の場合、とがった針の方が、作業がスムーズに進みました。

 

また、図案は最初、チャコペーパーで写したのですが、

刺している間に、どんどん薄くなっていくので、

どこを刺していけばいいのか?

微妙に迷います。

 

この迷いが結局、

  • 刺繍した形が不ぞろいになる
  • 中心がずれる

などを引き起こしますので、

もう一度、チャコペンを使って、なぞり直しました。

 

今回は、習作のつもりなので、

別にこれでもいいですが、

図案を綺麗に描くこと。

ここがシュバルム刺繍の場合、最重要!!だとわかりました。

コモ竜
白い布に白い糸を使うため、刺している形が捉えにくい気がします。

 

まとめ

要するに、

  • ホワイトワーク
  • ドロンワーク

というグループの中に、ハーダンガー刺繍やシュバルム刺繍などがあるわけですが、

  • それぞれ生まれた地方が違う
  • 特有の技法や模様がある
  • 共通部分もある

と考えておくのが、一番、スッキリします。

 

また、実際に自分で作品を作る場合には、

気に入った技法や模様を上手に取り入れながら、

まぜこぜで作った方が、楽しそうです。

 

結局、ホワイトワークは、

  • 綺麗だ~。
  • 美しい~。
  • ステキだ~。

この感情が一番、大事!なんじゃないでしょうか。

-シュバルム刺繍
-

Copyright© おうちで手づくり , 2020 All Rights Reserved.