ハンドメイドLifeを楽しむ

common-in-japan

ハンドメイドツール

UVレジンの道具、おすすめは?

投稿日:

UVレジンのアクセサリーを作るには、

やっぱり、道具は必要です。

でも、一体、どこまで、買うべきか?

初心者さんは、悩むと思います。

 

レジンアクセサリーの道具

 

そこで、今回は、

  • 最初から揃えておきたいもの
  • 100円ショップでOKのもの

という分け方で、お話ししていこうと思います。

 

 

最初から揃えておきたいもの

最初から、道具を揃えすぎても・・・・

と初心者さんは、悩むものです。

でも、レジンアクセサリーを作る時に、下記の道具は最低限必要です。

 

レジン関連の商品って、100円ショップに山ほどあるので、

ついつい、ケチくさくなっちゃうんですよね。

 

でも、そんな、試行錯誤を実際にやってきたからこそ、宣言します。

そんな時間を費やしているより、

最初からきちんと道具を揃えて、

綺麗なレジンアクセサリーを作ることに専念した方が、絶対にいい!です。

 

ちなみに、必要最低限の道具は下記の通りです。

  • レジンを固めるためのUVランプ
  • シリコン型
  • レジン液
  • レジン用着色剤
  • レジンパレット
  • レジンスティック
  • レジンクリーナー
  • エンボスヒーター

メモ

※上記の道具のうち、UVランプ、シリコン型、レジン液については、こちらの記事でご確認下さい。

初心者さん向けのUVレジンアクセサリーは?

レジン初心者さん向け、シリコン型のコツは?

レジン用着色剤

レジン液は透明なので、

レジン用着色剤を使って、色をつけていきます。

 

100円ショップには、

着色済のレジン液も売られていますが、

色の濃さや色合いも決まってしまうため、

自分の好きなものを作ることができません。

 

レジン用の道具

 

ただ、この着色剤。

うちは、2種類使ってみたのですが、

宝石の雫の方が、粘度が高く、はっきり色が出る感じがします。

※粘度が低いものは、入れすぎるとレジンが固まらなくなることも。

 

レジンパレット

レジンパレットは、

色を作る時に使うパレットです。

別に、陶器のお皿でもOKだとは、思うのですが←最初は、やってた。

そこは、ほら!

レジンやるぞ!的な気合が入るので、

レジン専用のものを使った方がいいかな~と。

気持ち、大事だから。

 

レジンの道具

右にあるのが、レジンスティック

 

レジンスティック

レジンスティックも、別につまようじで代用はできます。

でも、つまようじのトゲトゲが入る場合があるので、

やっぱり、最終的にはレジン専用スティックに落ち着きました。

 

レジンクリーナー

レジンパレットやレジンスティックをふき取るためのクリーナーです。

道具を綺麗に保っておくことは、

綺麗な作品づくりには、大事なことですよね。

毎回の、クリーニング、欠かさず行いましょう。

 

 

エンボスヒーター

レジンアクセサリーには、必須アイテムです。

レジンの気泡をなくすのに、使うヒーターです。

わざと、気泡を入れるのと、

その気はないのに、入ってしまった気泡では、

全然、見た目が異なります。

 

 

100円ショップで十分なもの

以上のものがそろったら、

次は、100円ショップでもOKのものです。

  • 細かな素材の容器
  • シリコンマット
  • コルクのマット

細かな素材の容器

UVレジンのアクセサリーは、

中に閉じ込めるビーズやらお花やら、

細かいものが多いです。

 

ですから、こういう細かなものを入れておく容器は、

必須アイテムですが、

使いやすければ何でも構いません。

こういう時、100円ショップは便利です。

容器の種類、多いですからね~。

 

レジンの道具

 

ちなみに、中身は、

100円ショップのものでも、

そうじゃないものでも、

自分の感性にあったものを、たくさん揃えましょう。

 

 

シリコンマット

レジン作品を作る時に使うマットです。

この上に、フレーム等を置いて作業します。

マットごと、UVライトに入れて、固まらせたりするので、

レジンアクセサリー作りには、必要です。

 

このマットに関しては、

うちは、ず~っと100円ショップのを使っていますが、

今のところ、何も問題はありません。

 

コルクのマット

コルクのマットは、レジンパレットで色を作る時に、

レジンパレットがすべらないように下に敷いて使います。

 

すべらなければ何でも良いので、

うちは、100円ショップで買った、

コルクのコースターを使っております。

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者さんが迷う、レジンアクセサリーのための道具について、

お話ししました。

 

道具でも素材でもそうなんですが、

  • 高ければよい
  • 安い方がよい

どっちにも言い切れないところが、

こういうものの、難しいところです。

 

結局、実際に使ってみて!経験するしかないわけですが、

うちが経験したことは、共有したいと思っています。

ご参考になれば、嬉しく思います。

 

-ハンドメイドツール
-

Copyright© common-in-japan , 2019 All Rights Reserved.