ハンドメイドLifeを楽しむ

common-in-japan

UVレジンアクセサリー

レジンアクセサリーの作り方

投稿日:

通常、レジンアクセサリーは、

  • 中にいろんなものを閉じ込める
  • いろんなものをコーティングする

この2つの方法で、作られることが多いです。

 

たとえば、下記のアクセサリーは、

閉じ込めとコーティングの両方を使って作っています。

 

レジンアクセサリー

 

この作り方は、

一番、手軽に試せる方法ですし、

いまや、レジンアクセサリー用の素材は、

いくらでも手に入れることができます

 

要は、それらを、どう組み合わせるか?

そこに、自分のオリジナリティが発揮されます。

 

ただ、うちの場合は、

違う方法でも、レジンアクセサリーを作っていますので、

今回は、その作り方をお話したいと思います。

 

 

レジンだけアクセサリーの作り方

その方法とは、

素材を閉じ込めたり、コーティングせず、

レジンだけでアクセサリーを作る方法です。

 

レジンだけアクセサリーの作り方

水彩風レジンピアス「春のお散歩」

 

レジン素材の中には、転写シールもありますので、

それらを使えば、できるんじゃないか?

と思われるかもしれません。

でも、

  • 図柄の自由度
  • 水彩風のぼんやりした温かみ

は、この作り方でしか表現できません。

 

step
1
図柄を切り抜く

好きな図柄をクリアファイルに切り抜きます。

クリアファイルぐらいの厚みがちょうど良いです。

 

step
2
クリアファイルを載せて土台を作る

クリアファイルを載せて土台を固めます。

上記のピアスは、四角いシリコン型を使っています。

 

step
3
クリアファイルを取り除き、彩色する

レジンが固まったら、クリアファイルを取り除きます。

すると、クリアファイル分の厚みのくぼみができていますので、

そこへ、彩色したレジンを入れていきます。

 

step
4
図柄の部分が固まったら、仕上げ

図柄のレジンが固まったら、

レジンを上塗りして、仕上げていきます。

 

手描きもできます

もし、クリアファイル切るのが、面倒くさい!

という場合は、

手で描いちゃう!という方法もあります。

 

レジン手描きアクセサリー

 

ただ、この方法だと、

  • あまり「ぼかす」ことができない
  • 一発勝負なので、失敗したら終わり

というデメリットがあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 何かを閉じ込める
  • 何かをコーティングする

のではなく、上記のような作り方でレジンアクセサリーを作ると、

「いかにもレジン!」

という感じはなくなり、

やさしい感じのアクセサリーができます。

 

こういうレジンっぽくないレジンアクセサリーも、

一つの表現として、

ぜひ、挑戦してみていただけたら・・・と思います。

-UVレジンアクセサリー
-

Copyright© common-in-japan , 2019 All Rights Reserved.