ハンドメイドLifeを楽しむ

common-in-japan

手まりアクセサリー

手まりアクセサリーの糸、おすすめは?

投稿日:2019年5月28日 更新日:

手まりアクセサリーを作る時、

  • どんな糸を使うのか?
  • おすすめは何か?

について、お話しします。

 

 

手まりアクセサリーの地巻きの糸は?

まず、手まりの芯ともなるべき、地巻きの糸についてです。

基本、どんな糸を使ってもいいのですが、

地巻きの糸が、あまり太いと、主張しすぎてしまいますので、

ポリエステル100%のミシン糸を使うのがおすすめです。

 

手まりアクセサリーの糸、おすすめは?

 

特にアクセサリーの場合、球が小さいので、

糸は細めが嬉しいんです。

うちで使っているのは、#90です。

 

手まりアクセサリーの地割の糸は?

地巻きが済んだら、次は、「地割(じわり)」です。

ここで使う糸は、

  • デザイン的に、「地割」の糸を残す場合
  • 最終的に「地割」の糸を取ってしまうデザインの場合

によって、変えています。

残す場合は、メタリックスレッドの#40を利用しますが、

残さない場合は、地巻きと同じミシン糸(違う色)を使っています。

 

手まりアクセサリーのかがり糸は?

地割が済んだら、いよいよ、手まりの模様をかがっていきます。

ここで使う、かがり糸は、

基本、何でもOKです。

ただ、これも、地巻きと同じで、

アクセサリーの球自体が小さいので、

うちでは、絹100%の手縫い糸 9号を使います。

 

手まりアクセサリーの糸、おすすめは?

 

この糸は、加賀指ぬきを作る時にも、使います。

指ぬきにしても、

手まりアクセサリーにしても、

色の組み合わせ方で、

雰囲気がガラリと変わるのが、魅力なので、

できるだけ、たくさんの色を揃えたいところですね。

 

また、ポリエステルや絹糸は、

つやつやした感じになるので、

アクセサリーにはピッタリだと思います。

 

手まりアクセサリーに特殊な糸はどう?

以上が、手まりアクセサリーの糸の基本ですが、

実は、ちょっとした不満もあるんです。

 

というのは、手まりアクセサリーの場合、

球が小さいこともあって、

かなりのアップで、写真撮影をします。

 

今のデジカメは、とても性能が良いので、

本当に、細かな部分まで撮れてしまって、

なんとな~くですが、

肉眼で見た時とは、ちょっと違う感じがするんですね。

 

つまり。

糸の「より」まで、はっきり見えてしまうので、

編み物っぽい感じが、どうしてもしてしまうんです。

 

手まりアクセサリーの糸、おすすめは?

 

そこで、試しに「より」のない糸で、作ったら、どうなるだろう?

ということで、

地巻きと、試作品、作ってみました。

 

手まりアクセサリーの糸、おすすめは?

 

ご覧の通り、「より」があるのとないのでは、

ずいぶん、雰囲気が変わります。

 

まとめ

おそらく、どちらの手まりが好きか?は、

人それぞれ・・・ということになるのでしょうが、

せっかく、ハンドメイドするのなら、

基本のものだけでなく、

こんなふうに、

少し冒険してみるのも、楽しいものです。

 

こうでなきゃいけない!

なんてものは、世の中には、ほとんどありません。

この自由さこそが、ハンドメイドの良さだとも言えます。

 

要は、楽しければいいんです。

ぜひ、ぜひ、いろいろ、作ってみましょう。

-手まりアクセサリー
-

Copyright© common-in-japan , 2019 All Rights Reserved.