ニャンドゥティ

刺繍糸で編む?織る?ニャンドゥティとは?

刺繍糸って、見ているだけで癒されます。

綺麗な色がたくさんあって。

 

その刺繍糸を使って編む!というか、織る!ニャンドゥティって知っていますか?

私も、最近、知ったのですが、

これもまた、ステキ!!なんです。

 

 

ニャンドゥティとは?

ニャンドゥティとは、パラグアイの伝統的なレースで、

「クモの巣」を意味する言葉だそうです。

確かに、その形状は、クモの巣に似ています。

 

ニャンドゥティとは?

 

作り方は、

放射線状の土台の糸(縦糸)を最初に張り、

そこに、別の糸(横糸)を絡めていきます。

つまり、機織りやダーニングと基本は同じです。

1段目を上→下→上とすくったら、

2段目は下→上→下のように、

互い違いに糸をすくいあげて、布を織っていく感じです。

 

ただ、機織りと異なるのは、

すくう縦糸を徐々に減らしたりしながら、

いろんな模様を作っていく点です。

 

ニャンドゥティとは?

 

初めて挑戦したので、まだ下手ですが、

その作り方も出来上がりにおいても、

とっても、面白いハンドメイドです。

 

ニャンドゥティに必要な材料は?

ニャンドゥティに必要な材料は、ほぼほぼ、家庭にあるものでできます。

  • 刺繍枠(小物しか作らないのなら、これで十分です)
  • 刺繍糸
  • いらない布
  • 木工用ボンド
  • 刷毛

ね?わざわざ、手芸品店に行く必要ありませんよね?

ただし、問題は、作り方です。

これについては、本を購入されるか、

通信講座のようなものを受けた方が良いと思います。

 

というのも、最初の土台の糸(縦糸)の張り方が、

初心者には、ん?って感じになるし、

図案も必要ですから。

私が購入したのは、ニャンドゥティのアクセサリーという本です。

かわいい作品、満載ですよ。

 

ニャンドゥティの本

 

ニャンドゥティの刺繍糸について

ニャンドゥティの刺繍糸についてですが、

今回はとりあえず、家にあった

  • 普通の25番の刺繍糸
  • コットンパールの8番

で、作ってみました。

円形の緑とピンクのものは、25番の刺繍糸を3本取りで。

扇形のものは、コットンパールの8番を使いました。

扇型のニャンドゥティ

まだ慣れていないので、形がそろっていません

 

やはり、どんな糸を使うのか?によって、雰囲気も変わります。

これは、ニャンドゥティに限らず、刺繍全般に言えることですが、

  • 色の組み合わせ
  • 糸の種類、太さ

を変えるだけでも、

自分らしいアクセサリーが作れそうです。

 

まとめ

ニャンドゥティは、なんと言っても、この透け感が面白いです。

ちょうど、季節は、暖かくなってきたところ。

春から夏に向けて、ニャンドゥティに挑戦してみるのも良いんじゃないでしょうか?

 

それにしても、ハーダンガー刺繍、シュバルム刺繍、こぎん刺しにニャンドゥティ。

よくもまぁ、いろいろかじってみるもんだ!

とお思いでしょうね?

でも、いろいろ、かじってみると、

道具も、糸も布も、使いまわせていいな。

と本人は思っております。

-ニャンドゥティ
-

Copyright© おうちで手づくり , 2020 All Rights Reserved.