樹脂粘土

樹脂粘土でハートサボテン!

2021年2月25日

サボテンって、やっぱり可愛いですね。

なので、本日も樹脂粘土でサボテンを作成しました。

 

 

樹脂粘土でハートサボテン

今回、作るのはハートサボテンです。

前回、サボテンのイラストを見ていたら、

ハート形の親株からハートの子株が出ているのが、かわいかったんで、

実際に樹脂粘土で作ることにしました。

 

念のため、ハートサボテンの本物の画像も見たのですが、

ちゃんと、ハート形の親株からハート形の子株が出てくるみたいです。

 

ハートサボテンの作り方

ハートサボテンは、ウチワサボテンよりも、さらに形が単純です。

作り方というほどのものはありませんが、

  1. 小さいハート形を作ってワイヤーを入れておく
  2. 大きいハート形を作って、下部に足みたいにワイヤーを2本差しておく(植木鉢に刺すため)
  3. 小さいハートのワイヤーを大きいハートに差し込む
  4. 液体粘土でテンテンを付ける

という感じで作業しました。

 

出来上がったのが、こちら。

ハートサボテンの特徴は、ハートが直接、土からニョキッと出ているところですよね。

 

樹脂粘土のハートサボテン

 

ただ、今回は、イラストに似せて作ったので、子株の出方がちょっと、変かもしれません。

このへんの加減がまだ、初心者なので、わからないんですよね~。

 

イラストに寄せるか?実物に寄せるか?

イラストは、2次元の世界。

でも、樹脂粘土は3次元の世界。

ハートサボテンは、イラストでも実物でも、

「どちらも、かわいい!」

そう思うのですが、

2次元の「かわいさ」を、そのまま、3次元に持ってきても、「いまいち」です。

コモ竜
単に、私の技術不足かもしれませんが(泣)

 

実際、

  • デフォルメしてフェイクすぎてもダメ。
  • 実物に寄せすぎてもダメ。

なんですよね~。

あぁ。

なんか、心折れそうになってきました。

 

まとめ

ハートサボテン、簡単にできそうだ。

初心者的には、そう思ったんですけどね。

きっと、こういうシンプルなものが一番、難しいのかもしれません。

 

まだまだ、チャレンジ15日目ですからね。

これに、めげずに、頑張っていきたいと思います。

 

実を言うと、そろそろ、確定申告にも取り組まなきゃならず、

ついつい、ラクな方へ流れた私がダメでしたね。

反省、反省・・・。

ということで、次回は、ちょっと難しいのに挑戦しようと思います。

今月のピックアップカラー:green

自然の苔を観察 1

娘が1年前に作った苔テラリウム。枯れるどころか、おどろおどろしいことに。その原因は100均の容器?

2

今年は梅が不作だそうで、1kgの梅でいろいろ作ってみました。傷のある梅も全然、使えます!

多肉植物100均の鉢 3

多肉植物は小さい方がかわいいので、何でも容器にできます。
しかも、安くて、大きくならないので手間いらず!

4

ペイントリメイクで、古い物も捨てていたものもよみがえるなんて!
グリーンを楽しむついでに、気楽にできます。

樹脂粘土で多肉植物のゼブラ 5

樹脂粘土は作っている時には失敗した・・・と思うのですが、時間が経ってみると、意外にかわいいと自己満足にひたれます。

-樹脂粘土
-