ブラックワーク刺繍

ブラックワーク刺繍を綺麗に刺すコツは?

2022年4月29日

ブラックワーク刺繍は初心者ですが、

だからこそ、実体験に基づいた「綺麗に刺すコツ」を共有しておこうと思います。

 

 

ブラックワーク刺繍の要は糸!

ブラックワーク刺繍は、フリーステッチの刺繍とは異なり、

目数を数えて刺していく刺繍です。

だから、運針が下手で、縫い目がバラバラ・・・なんてことはありません。

その代わり、糸の状態が何より大事になってきます。

 

というわけで、まずは一般的な糸の注意点から。

 

糸の引っ張り方を同じにする

まず、大事なのは、ココですね。

編み物なんかと同じです。

糸の引っ張り方が、きつかったり、緩かったりすると、

綺麗な模様ができてきません。

 

糸を割らないようにする

次に大事なのが、糸を割らないようにするってことです。

ブラックワーク刺繍の場合、同じ目に何度も糸を通すってことがよくあります。

その時に、前に刺してある糸を割ってしまわないようにしないといけません。

 

上記の2点だけでは、綺麗にならない理由

ところが、上記の2点を気を付けても、なんか模様が綺麗じゃない!

ってことが、よくあります。(私だけかしら?)

 

そこで、新たにいくつかのポイントを追加しておきます。

 

刺し間違わないようにする(笑)

ブラックワーク刺繍で、目を数え間違えたり、糸を出す場所を間違えたり、

初心者なので、頻繁にあります。

でも、刺し間違いしても、糸をスルスルと抜けば元には戻れます。

ただ、一目ぐらいならいいですが、

長い距離をやると、アカン!ですね。

糸が傷みまくります。

 

糸の長さに注意?

あと、糸の長さにも注意すべきかもしれません。

私なんかは、糸継ぎが面倒なので、できるだけ、長めに糸を取っちゃうんですが、

長すぎると、糸が傷みやすくなります。からまりますしね。

 

そういえば、刺し子なんかでは、糸を1mぐらいで切ってしまう方法もありますから、

それぐらいが良いのかもしれませんね~。

 

結局!原因はコレだ!

で、気づきました。

糸が傷む原因は、結局のところ、糸をこすっているからですよね?

 

  • 前に刺した糸を割ってしまえば、そこで糸がこすれます。
  • 刺し間違いをして、糸を抜けば、布で糸がこすれます。
  • 糸が長いと、糸を抜く時、変に力がかかって、やっぱり糸がこすれます。

それならば、解決法はコレしかありません。

糸をこすらないようにする!

そのためには、下記のことを守ろうと思います。

 

刺繍枠でしっかり布を張る

刺繍枠を使わなくても、刺せますが、

やっぱり、布をピンと張った方が、穴に通しやすくなります。

それにより、糸のこすれは少なくなるはずです。

 

糸の長さを1mぐらいにしておく

これは、写真を見ていただくとわかりやすいです。

長めの糸を使った真ん中と右側は、一部、糸が割れています。

 

ブラックワーク刺繍糸について

 

ところが、こんなふうに糸が割れるのは、最初だけ(要するに糸が長い時だけ)なんです。

刺している間に、糸が短くなってくると、だんだん割れなくなります。

そこで。

左側は、最初から1m程度の糸で刺してみました。

すると、糸が割れることはありませんでした。

 

メモ

試しに、コスモとDMCの糸を比較するために半分ずつで、刺してみましたが、どちらも割れずに綺麗に刺せました。

ただ、微妙にDMCの方が太目な気がします。

 

まとめ

ブラックワーク刺繍は、糸で模様を作っていく刺繍です。

だから、糸が何より重要なんだな・・・と改めて気づきました。

糸の状態をベストに保つ。

ここに注意を向けると、自然と模様も綺麗になっていきますね。

 

また、傷んでしまった糸はケチらずに、新しい糸に変えてしまった方が良さそうです。

 

2024年ピックアップ記事

服を独学で作る 1

服を独学で作るのは難しい・・と、うちの娘は感じているようです。 そのため、どこかで習いたいなぁ・・・という気持ちが定期的に湧き上がってくるようなのですが、先日「習ってもがっかりするだけだぞ」とアドバイ ...

2

久しぶりに、このサイトを触っております。 つまり、結構な期間、ほったらかしにしていたわけですね。 それでも、意外にアクセスがあるので、ありがたいな~と。 正直、私の場合、あっちのハンドメイド、こっちの ...

-ブラックワーク刺繍
-