ハンドメイドLifeを楽しむ

common-in-japan

いろいろハンドメイド

ハンドメイドの始め方。タイプ別に考えてみよう。

投稿日:

ハンドメイドの始め方について、ふと、気づいたことがあったので記事にしてみます。

ハンドメイドを始める人には2種類あると思うんです。

たとえば、〇〇の第一人者と言われるような人は、

  • とにかく、〇〇さえやっていれば、時間を忘れてしまう。
  • 〇〇をやっていると、無心になれるので、心が落ち着いて、穏やかになる。

みたいなことを、皆、おっしゃるんです。

要するに、ハンドメイドしている時間そのものが楽しくて、長く続けているうちに、何でも作れるようになり、技術も向上した。

そんな感じなんですね。

 

一方、私は?と言うと、全然、違います。

もちろん、ハンドメイドしている時間が苦痛というわけではないんです。

でも、時間を忘れるほどでもない。

むしろ、ハンドメイドで作ったものを、飾る、着る、使う。

その完成形に出会いたいからこそ、頑張って作ってる。

そう言った方が、しっくりきます。

 

 

ハンドメイドの始め方 前者の場合

第一人者と同様、〇〇をやっていると、とにかく、楽しい。

こういう人は、始め方もくそもありません。

楽しいことは、「やめられない、止まらない、かっぱえびせん」と同じですから、どれだけでも取り組めるし、長続きもします。

ですから、このタイプの人が考えるべきは、とりあえず、時間と材料の確保をすることだけでしょう。

 

ハンドメイドの始め方 後者の場合

一方、私のように、完成形が先に来るタイプは、あっちへフラフラ、こっちへフラフラします。

だって、欲しいものは、1つじゃないですからね。

実際、私は、ハンドメイドの本を見て、素敵!と思ったら、もう、材料買っているような奴なので、1つのハンドメイドにじっくり留まることができません。

そのため、技術は中途半端なままで、結局、器用貧乏の域を出ないんですよね。

でも、最近、それはそれでいいんじゃないか?と思うようになりました。

 

なにしろ「続けなきゃ!」と思った時点で、ハンドメイドは地獄になります。

たとえ、そこで無理に頑張ったとしても、結局、神経をすり減らし、疲れきって止めちゃう場合だってあるんです。

だったら、最初から、ないものねだりはせず、自分らしくハンドメイドと付き合った方が、楽しく生きていけます。

 

ですから、私と同じタイプの人は、

  • ハンドメイドしなきゃ手に入らないもの!
  • どうしても、自分が欲しいと思うもの!

に的を絞って、ハンドメイドを始めてみましょう。

楽しければ続ければ良いし、

もし、別のことがやりたくなったら、さっさと、そっちへ進んで良いと思います。

コモ竜
何より大事なのは、モチベーションです。

 

ハンドメイドの始め方

コースターを、窓のカーテン代わりに飾るようになって、モチベが上がりました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今は、ハンドメイド一つ始めるにも、いろんな情報がありすぎて、迷ってしまう人は多いと思います。

また、一つのハンドメイドを始めたら、継続しなきゃ!上達しなきゃ!

そう思っている人も、妙に多いように思います。

 

実際、私も、インスタ等で、すんごい、すばらしい作品を見てしまうと、あぁ、やっぱ、継続できない奴はあかんのね・・・と思ってしまっていました。

でも、よくよく考えてみれば、他人様から、いいね!をもらうために、ハンドメイドはしているわけじゃありません。

自分がいいな!と思うものを、自分の暮らしに取り入れたら、それだけで、人生は楽しくなります。

もちろん、それは、単なる自己満足にすぎないのだけれど、それだけでも、充分かな?と。

 

-いろいろハンドメイド
-

Copyright© common-in-japan , 2019 All Rights Reserved.