ニャンドゥティ

飽きっぽい人に向いている趣味?

わたくし「コモ竜」は、ザ・飽きっぽい人代表です。

もう、おわかりかと思いますが、今、樹脂粘土もやる気が起きません。

100日間チャレンジは、結局26日で挫折しております。(爆)

 

もっとも、樹脂粘土、自分的には結構、作ったんですよ。

家の中に、結構、飾られてる状況なので、そこで満足しちゃったんですね~。

 

 

飽きっぽいから、ダメだとは思わない

まぁ、昔からそうです。

だから、この飽きっぽさは、ず~っと続きますね。

もちろん、これは、娘にも遺伝しており、あ~あ、親子そろってだな・・・

と思います。

 

でも。

  • だから、ダメだとか、
  • ぜひ、飽きっぽさを直そうとか、

そういうことは、全然、思いません。

 

何故かって?

取り組んでる内容は、いろいろ変わっていくかもしれませんが、

基本、「ハンドメイド」好きだってことは、変わりませんから。

 

もちろん。

一つのことに集中できないっていうのは、技術的にはあまり伸びない・・・

というマイナス面はあるのですが、

自分らしく楽しめるだけでなく、自分を知るきっかけにもなります。

 

突如、やる気が復活する時もある!

しかも。

ある日、突然、やる気が復活する時もあるんです。

 

はい。

今日がその日でした。

 

飽きっぽい人に向いている趣味って?

 

なんか、急にニャンドゥティがやりたくなったんです。

暑くなってきたから、透け感が欲しくて。

エアプランツ作ってた時同様、私は、やっぱ、透け感が好きです。

 

だから、本当は、シュバルム刺繍を復活させたかったんですが、

今日は、そこまでの「やる気」は復活しませんでした。←あれは、大変なのよ

 

飽きっぽいからこそ、できること

でも、こういう復活劇ってね。

飽きっぽいからこそ、できることなんです。

なんせ、材料、全部、揃ってますからね~。

「あ、やりたいぞ」

そう思ったら、即!取り掛かれますから!

 

だから、飽きっぽい人は、向いている趣味を見つけるのではなく、

今、やりたいことを、手当たり次第やればいいんですよ。

そして、

何より大事なことがココ!

 

それらの道具や本などは、捨てずに、取っておくことです。

取っておくというよりも、寝かせておく。

と言った方がいいかもしれません。

 

まとめ

人って、皆、違います。

だから、

「飽きっぽい私が、続けられました!」

なんて言葉には、騙されない方が良いんです。

 

ちなみに、

私。ハンドメイドのほかに、英語も好きですが、

これは、十年以上ものブランクの後、復活しました。←飽きっぽいくせに、これは続いてるんだな。

 

つまり。

人って、何が起きるかわからないんです。

どんなきっかけが待っているかもわからないんです。

だから、飽きっぽい人に向いている趣味を探すなんて、労力の無駄です。

自分の気持ちに正直に!

堂々と「飽きっぽくて上等じゃい!」宣言、一緒にしませんか?(笑)

-ニャンドゥティ
-

Copyright© おうちで手づくり , 2021 All Rights Reserved.